東大和市・昭島市の不動産|ホームランド > 株式会社ホームランド 本店のスタッフブログ記事一覧 > 建築条件付き売地とは?

建築条件付き売地とは?

カテゴリ:不動産購入
売地の情報をみていると「建築条件付き売地」という言葉が書かれているのを
目にしたことがあるのではないでしょうか?

土地を買うにあたってその土地に制約や規制があるの?
と疑問に思った方も少なくないと思います。


建築条件付き売地とは?



その土地の売主または売主が指定する施工会社で家を建てることが条件の土地のことです。
なので自分の好きなハウスメーカーや工務店で家を建てることはできません。

そして土地の売買契約後一定期間(通常3か月以内)に、
建築請負契約を締結する事というものです。

簡単に言うと、まず最初に土地だけを契約して、
その後通常3か月以内に家の間取りや仕様をほぼ決めて、
指定された施工会社と建築請負契約を結ばなければならないのです。

もし期間に建築請負契約が締結しなかった場合は、土地の売買契約が白紙になります。
土地を購入した時に支払った手付金などはすべて返却されます。



建築条件付き売地のメリット



建築条件付き売地を購入する最大のメリットは、
建物を建築できることです。

敷地条件に合わせて自由にプランが決めることができ、
施工会社を探す必要がないため、
建築条件付き売地は人気があります。

一般的な土地を買うよりも安価で購入できる場合もあります。

また、建売住宅の間取りや設備の色やグレードなど、
それらが好みに合わない方に向いています。

参考プランが用意されている場合が多いので一からプランを考えることなく
資金計画も立てやすいのも魅力の一つです。

一般的な土地を買うよりも安価で購入できる場合があり、



建築条件付き売地のデメリット



間取りの変更を受け入れてくれなかったり、プランに沿った建築しかしてくれなかったり、
制約が多く自由にできなかった・・・といったトラブルが実際に起きています。

あくまで標準仕様書の中で決められたルールで建てないといけません。
ですので標準仕様書にないオプションをつける場合、
追加費用がかかるので見積りもきちんと確認しましょう。

理想の家を建てるためには施工会社に希望のプランで建てられるのか、
設計は自由にできるのかなど、
事前に確認をしてトラブルを防ぐことが大事です。

自分が納得するまで施工会社と話し合いましょう。


まとめ


建築条件付き売地にはメリット・デメリットがあり、
それらについてちゃんと理解することが重要です。

条件が整わない場合は白紙解除ができますが、
そうならないように一定期間内に間取りや仕様を決められるよう、
時間や予算に余裕が必要です。

土地と建物の総額でいくらになるのかを必ず確認するようにしましょう。

≪ 前へ|住宅ローンの種類とその選び方   記事一覧   火災保険について|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約